FC2ブログ

くうの写真蔵

(´・ω『+』かしゃ!!

Fujifilm X100F 


久々にカメラのレビューなど(・∀・)



真駒内の花火のときとか

くう妹の結婚式のときとかに活躍してもらいました

ってか結婚式に持っていける小さな高性能カメラほしかったんです(*´∀`*)







_IMG8813.jpg





今年の6月ですね

FujiのX100F買っちゃいました

前々からほしいと思ってたところに

マップカメラの夜市で見つけちゃったが最後

右手が本能的にポチッとな(・∀・)






コンデジとしてはけっこう大柄ではありますが

まぁもって歩けないほどではない

というかAPS-Cのセンサーがこの大きさに乗っかってることを考えれば

充分にコンパクト。

基本、35mm相当の単焦点でありながらも

デジタルテレコンで50mmと70mmも使える。

単焦点レンズでありながら

ちょっとしたズームレンズ気分(*´ω`*)b







DSCF3897.jpg




開放がF2.0のレンズですからね

キレイにボケてくれます(*´∀`*)

さらに最短撮影距離10cm…







DSCF3022.jpg






最短撮影距離10cmではありますが

その付近の距離で絞り開放での撮影はニガテなご様子。

画質にあんまし拘らないくうでもわかるくらい

かなり甘〜い写りになります

そんな時はF4くらいまで絞ってあげましょう^_^







DSCF3558.jpg




オートフォーカスの追従も悪くない

こっちに歩いてくるアイちゃんにも

ちゃんと合わせられる。





手ぶれ補正は付いてないけど

やたらと高感度に強いセンサーのおかげか

手ブレして困る〜、ってことはほとんどありません



さらにいえば

シャッター速度の下限を3つまでメモリーできるので

例えばくうの場合、

最高ISO感度を12800、シャッター速度の下限を1/100くらいにしておけば

動物園においても手ブレ、被写体ブレに困ることもほぼありません




ただあんましこの範囲を超えた条件下での撮影となると

カメラのほうが勝手にリミットを解除しちゃいますけど(・∀・)




ファインダーは3種類に切り替えられますね

素通しの画像が見えるOVF

デジタル画像が見えるEVF

OVFにEVFの小窓を乗せたERF



カメラ好きのみなさんは

これはがいいって言ってOVFを使ってられる方が多いようですが

OVFって実際に撮影するレンズと

OVFで見える画像を取り入れるレンズが

違う位置にあるんで

OVFと実際に写る画像でズレが生じちゃうんですよね

もちろんOVFの段階でここの範囲が写りますよって

表示はされるんですけど

どうにもくうにはそれがまどろっこしいので

もっぱら使ってるのはEVF^_^

とりあえず構図の確認ができればいいやって感じで

ファインダー覗いてます







_IMG8807.jpg






とっても使いやすくて

かっこいくて

写りもいいX100Fなんですけど

大きな欠点がひとつ

ダイヤルのたぐいが動きやすいんですよね

とくにこの露出補正のダイヤル。

カバンなんかに入れといて

さっと取り出していざ撮るぞって構えたときに

ほぼ9割がた、背面液晶が真っ暗か真っ白に^^;

ひょっと見ると露出補正が+3とか-3とか^^;



最初は焦りましたけどね

かなりの確率で動いちゃってるんで

今では露出補正の確認はカメラ起動の一連の流れの中に入っております

あとね、たま〜に絞りリングも明後日の方向に行っちゃってることも^^;








なんだかんだ言ってもこれいいですよ(*´ω`*)

この大きさにAPS-C一眼レフ単焦点と同じ性能が詰まっていて

それをふだんからもって歩けるってサイコーだと思います




スポンサーサイト

機材のお話 

今日はひさびさに撮影機材のお話







実はですねこの年末に

盛大に散財いたしました(^^)v

もちろんカメラ♪












SYAS2504.jpg

まさかのマウント追加

くうにとって初めてのCanonの一眼レフ

EOS 7D MarkⅡであります







くうが動物園で使ってるSigma 70-200 f2.8が少しずつ不調になってきたのに加え

SigmaのラインナップにPentaxマウントがなくなってきたこと

Pentax純正では動きモノに不安があるんで

この先どうしようかな〜?なんて考えてたんですよね



そんなとこにEOS 7D MarkⅡの登場です

初代7Dも興味はあったんですけどね

使えるISO感度が低すぎることと

SDカードが使えないことから

見ないことにしていたんです

二代目7Dはそこんとこ見事に克服しちゃいましたからね(^_^;)

あっさり飛びついちゃいました。。。





さて肝心の使い心地については…

・10枚/秒の連写はやっぱりスゴイよね 

 いつもより多く撮っちゃう
 撮り過ぎちゃうから低速側を7枚/秒にして高速側と切り替えて使ってます


・ISO12800まで使っちゃう 

 Canonユーザーの方ってフルサイズと比べてあーだこーだ言うけど
 くうの場合、ブログ用途ならISO12800まで問題なし。
 Pentax K-5Ⅱsだと6400でもキツイかな〜って感じの感覚
 キレイであることよりとにかく写ってることが大事
 昨日のエゾリスさんがISO12800なのよ



・Pentaxのハイパープログラムって便利だよね

 ものぐさなくうにとっては前後のダイヤルをクリクリ動かすだけで
 シャッター優先にも絞り優先にもなるハイパープログラムは
 とっても便利極まりないものだと再認識


・ボディ内手ぶれ補正って便利だよね 

 二代目7Dに手ぶれ補正がないレンズを付けて初めて気がついた
 ボディ内手ぶれ補正の偉大さ(^_^;)




まだまだ使い込んでないけど

こんなトコかしら?







PICT8891.jpg


いまくうが使ってるカメラたち。。。^^;





<Pentax K-5Ⅱs>

Sigma50-500 f4.5-6.3 APO HSM

Sigma70-200 f2.8 Ⅱ Macro HSM

Pentax DA☆50-135 f2.8 SDM

Pentax DA 18-135

Pentax FA135 f2.8

Tamron SP AF Di 90 f2.8 Macro <272E>

Pentax FA77 f1.8 Limited

Pentax DA16-45 f4

Pentax FA35 f2.0

Pentax DA15 f4 Limited

Pentax DA10-17 Fisheye f3.5-4.5



<CANON EOS 7D MarkⅡ>

Canon EF 70-200 f4.0 L IS USM

Tamron SP AF Di 90 f2.8 Macro<272E>

Canon EF50 f1.8 Ⅱ



<OLYMPUS OM-D E-M5>

Olympus 45 f1.8 MSC

Sigma 19 f2.8 Art

Sigma 30 f2.8 Art

Olympus 9-18 f4-5.6 ED MSC

Olympus 9 f8.0 Fisheye Bodycap



<SONY RX100Ⅲ>



<CHION DIGITAL HARINEZUMI 4.0>



ひゃ〜(^_^;)

カメラを始めた頃には考えもしなかった

まさか、まさかの3マウント+2体制。。。



レンズ沼にハマっても

これ以上マウント沼にはハマるまい( 一一)




Olympus OM-D E-M5  

SYAS5979.jpg


いつの間にやら増えているのがカメラ(。・ω・。)ノぁぃ♪



ってことで、もうずいぶん経ちますが

増えてしまいました カメラさん



Olympus OM-D E-M5であります



いつものごとく中古でのお買い上げ♪

ホントはシルバーが欲しかったんですけどね

出てくるのが待てなくて、黒で行っちゃいました




上の写真のSIGMA 30mmと

Olympus 45mmと

Olympus 9-18mmの3本体制でございます




くう的にはコンデジの代わりのつもりであります

小さいと言われるPentaxの一眼レフでも

普段から持って歩くには重いですからね

この軽さなら3本のレンズまとめて持って行っても

あまり苦にはなりませぬ





ちょっとしたスナップなら

ひょいと鞄から取り出してチャッと取れる

ほとんどがカメラ任せでオッケ~

そんな身軽さとフットワークの良さがGoodです





SYAS5992.jpg







ただし 不満点がふたつ (o-w-)o ムー

スイッチを入れてから撮れるようになるまで時間がかかることと

バッテリーが驚くくらい持たないこと





ネット上ではさんざん言われてはいましたけどね

実際使ってみると結構気になります




実はマイクロフォーサーズは2台目

前に持っていたPansonic G1は

ボディをちょっと強く握るだけで軋むような弱さと

画質が好みではなかったことで

あまり使わずにドナドナしてしまいました


んが コイツはそこんとこ問題ナシ

強靭なボディとくう好みの画質であります



ほっとけばどんどん増えてくるカメラたちでありますが

使い分けを楽しみつつ撮っていきましょうね~ (´・ω『+』ロックオン!!